topへ戻る モノ ハナ タベモノ デカケル リンク


おいしい“モノ”をチェック


写真下が本家本元のマリポサのバター

FOOD#034:マリポサのバター
おいしい場所:うち

ハワイ・オアフ島Neiman Marcusの中にあるマリポサは、景色が良く、ゆ〜ったりとした空気が流れる気持が良いレストラン。大好きなお店です。お料理も繊細な味付けでおいしい。いわゆるアメリカンフードで胃がもたれてきている時に癒されるレストランです(もちろんコースでは頼みませんよ〜!量の多さでもたれてしまうはず・・・)
さてそのマリポサでオーダーしたあとサーブされるパンとバターがとてもおいしかった〜♪とcafe hapunaに書いたらyuさん(Atelier Noce)が簡単な作り方を教えてくれました。早速作ってみましたよ!
ペットボトルに生クリームを入れ、シャカシャカと約10分間振ればでき上がり!というと〜っても簡単なもの。振っている途中でドライピールや塩を入れていきます。
こんなに簡単にマリポサのバターができるなんて感動。やっぱりおいしいです。今毎朝食べるのが楽しみ。
ドライピールのほのかに感じる甘味と苦味をくどすぎない手作りバターならではのマイルドな食感が包んでおいしいのです。
そして次回作る時の為に自分なりにこうした方が良いかなと思っている事をメモしておこうと思います。
まず、ドライピールはもっと細かく切った方がおいしい。今写真上ではポツポツ見えていますが、これをもっと細かく切った方が見た目も綺麗だし、さらにおいしいかも。それからバターの量は小さじ1/2弱くらいで作ったのですが、今度はきっちり小さじ1/2でやってみたいです。色々試してこれだ!と思う分量をみつけたいです。
それからできたてほやほやもおいしいのですが、少し冷蔵庫で軽く固めるくらいの方が味が落ち着いておいしいようです。
ちなみにいがらしろみさんの本“ジャムのお菓子”(アスコム)に出ていたバターの作り方に、バターから分離してできてきた水分(振っているうちにでてきます)はパンケーキを作る時に入れる牛乳のかわりに使うとおいしいとかいてありましたよ。

 

FOOD : OLD >>
BBS